資金繰りでバタバタする前に、まとめローンを考えてみる

Posted 7月 8th, 2011 by Wilson Cham and filed in カテゴリ【まとめローン】のリスト2010-12-13 2010-12-13

今は簡単に少額ならばローンが組める。

ちょっとショッピング、ちょっと旅行、車の車検などと用途はさまざま。

しかしひとつずつの支払は小さくとも、いくつものローンが集まると月々の支払いは大きな負担となる。

またリボ払いとよく耳にするが、ただただ長引いて利子を払い続けることになる。

毎月の支払いが楽になろうと、支払う金額は最後はとてつもなく多くなる。

毎月が楽だからと何度の借りてしまうこともありえるのだ。

車を買った家を購入などとなれば、支払いはすごいことになってしまうのだ。

そんなときはまとめローン。

銀行が主体となっているのが多いので聞いてみるといいかもしれない。

銀行にすれば、支払いが滞るよりも払い続けてくれる方がいいのです。

まとめローンは、支払う側にもありがたいのです。

そのまとめローンが組めるかどうかは、支払い能力。

支払い能力は、自分ではわかりにくい。

ちゃんと家計簿などをつけていたら別だろうが、毎月なんとかるでやっていると痛い目にあうことになってしまうのだ。

その能力によって、月々の金額も大きく変わっていくだろう。

計画的に組んだはずのローンが負担になった時点で、すでに無計画なのだ。

だからこそまとめローンを組む際には慎重にしなければならない。

今の社会情勢、給料が上がっていくなどということは考えにくいし、妻などに労働させて103万の壁を考えると、そこそこの収入にしかならない。

便利なまとめローンも、やはり最初のローンでの安易さが難しくしているのかもしれない。

そんなことにならないような計画をしっかり立てたいですね。

Leave a Reply