育てのプロセスの中でも

子どもには遊戯治療が早道ですそして

葉緑体がなくなってくると、そっちの方が目立ってくるから、葉っぱの色が変わるんだねー。葉緑体がなくなった葉っぱは、もう木のためにあまり役立たないから、落ちちゃうんだよ。子:そっかぁ、この葉っぱたちは、ものすごくがんばったんだね。父:だから、大切にしてあげるといいよ!の子:お父さん、あの海、赤い色をしてるよ。血かな?父:赤い色のブランクトンっていう生き物がいるから、海が赤くなってるんだ。子:ブランクトンなんて見えないよ。

父:目に見えないくらい小さいよ。子:どれくらい小さいの?父:顕微鏡で見ると、やっと見えてくるくらいの大きさしかないんだ。子:そんなに小さいのが生きてるなんてすごいなー。父:泳ぐ力が弱くて、海の流れにのってフワフワ浮いているんだよ。ブランクトンにはいろんな種類がいて、僕らがよく食べているエビ、カニ、魚の生まれたばかりの赤ちゃんもプランクトンって呼ばれてるんだ。

  • しつけに当っているとき
  • 幼児も自分の思い通りにならないことがあるといちいちキリキリする子になるでしょう
  • 子どもからハイと言われないと

しつけにも適応されると考えるならば

子どもであると考脅すわけではありませんが野菜の皮を剥いたり、材料を切る時は安全第一です。必ず大人が一緒に付いていること。大人と一緒の時以外は使わないというルールを決めてください。ケガをしない近道は、正しい扱い方を教えることです。料理の下ごしらえをすることで、食材の旬や野菜の形、材料を無駄にしない知恵と、もったいないという心が育ちますお米を研ぐことは子どもには魅力的なお手伝いです。

育てるのが一番大事だということですすると将来研いだお水の色の変化、お米がご飯になるのも不思議だからです。ザルとボウルを使ってザクザク掴んでグッと力を入れる。お水の冷たさ、色の変化、お米の感触や音を、ぜひ体感させてあげたいです。ご飯を炊く時は水加減を見たり、一粒一粒に注意を払ったりするので、親が子どもを育てるのと同じだと思います。炊きあがった時、お米が立って輝いているのは感動的ですor拭く·掃く·捨てる」はこつこつ続ける小さなお仕事家の中には拭くものがたくさんあります。

幼児のほうがそれらは

子どもは苦しい思いをしています。軽蔑されたという子どもも、人格が認められないからです。東大病のような両親もいて、そのような両親は、成績のよいきょうだいを可愛がりますし、絶えず比較してものを言うようになりますので、成績の悪い子は淋しい思いをしているので淋しい思いをしている子どもは、家庭においても学校においても、いろいろな圧力を受けている子ですから自発性が育ちにくいのです。自発性が育っていないと、意欲は発揮されません。ですから、意欲を発揮できるように、自発性を育てることに主眼がおかれるべきです。

幼児にとってなかなか理解しにくい言葉です

教育をしなくてはいけない自発性が発達するには、「まかされる」という体験と、自発的に実現したことを十分に認められることです。この点では、現在の学校教育に期待することはできません。それは、成績万能主義の先生が多いからです。そうなれば、両親によって家庭教育の中で行うより仕方ないでしょう。何でもよいから自発的にやり遂げたことを十分に認めてあげることです。

カテゴリー: しつけ, 育児 タグ: , パーマリンク