幼児同士の遊びが協調運動脳を最も鍛えると言われています

育てる時期にあたります

「今日は00に行くから、△△に気をつけようね」など、ある程度具体性がある方がよいと思います。そこはこういうところだからなぜそうしなければならないのかと言う理由と、どのようなことをしたら人に迷惑がかかり、いやな思いをさせてしまうか等、ひとつひとつ丁寧に話すことが肝心です。子どもは外に出るとまして慣れないところへ行くと興奮するものです。公共の場での話し言葉の声の大きさは意外と親も気が付かない時もあるので、声の大きさのコントロールは、親子で練習してください。いろいろな大きさの声を出すことで、楽しみながらできると思います。

  • 幼児との関わり方や思いの伝え方には
  • 育てるための刺激は
  • 幼児といってもよいでしょう

幼児に約束や宣言をする必要はありません心づもりをすれば安心です私は二十年以上前から、和楽器アンサンブル『猫勧進(ねこかんじん)』というグループに所属しています。猫勧進はスクールコンサートや芸術鑑賞会で和楽器の演奏を分かりやすく、楽しく演奏するプロの集団です活動のひとつに「御膝の上でコンサート」と銘打ったコンサートがあります。小学校入学前の親子が対象でその名の通り、大人の膝の上に座って楽しむコンサートです。このコンサートは子どもも大人も、音楽を自由に体感するもので、楽しかったら歌って好し、踊って好し、ワクワクしたら体を動かして好し、手も叩いて好し、いっぷう変わっているようですが、音楽を楽しむことは実はこういうことなのだと思っています。でもそこにも少しルールがあって、走り回らない、騒がない、などです。

 

子どもは混乱してしまいますし

私どもはその小児科医に、この治療法をやめてもらうように申し入れました。その後、その医師は反省され、あしだけはあまり強くしばりつけないようにされたと聞いています。この夜泣きのユニークな治療法は、今になって思えば赤ちゃんの貴重な心理学実験だったと思いますと言いますのは、大人に対しても次のような心理学実験があるからです。それは、人は孤独に何時間耐えられるか、という実験です。胸から下半身に水圧をかけて孤立させていたグループが、ほかの条件で孤立させておいたグループよりも一番長時間孤独に耐えたのです。
幼児たちを連れ出して
育てのために
人間のからだに圧力を加えておくと、孤独感がうすら先の夜泣きの治療は、ひもと板で赤ちゃんに圧力が加えられるから、それで孤独に耐えられるようになって夜泣きが止むのだと思われます。本来なら母親が抱いて与えるべき胸の圧力を、ひもと板の圧力で代用させるとは、いかにも寒々としています。ひもと板の圧力では、赤ちゃんはあたたかくて楽しい人間関係を覚えることはできません。それどころか、泣く赤ちゃんにとってはリンチか拷問のように思えるでしょう。赤ちゃんは子宮内のぬくもりを記憶している赤ちゃんにとっては、ぬくもりと柔らかさのあるお母さんの胸に抱かれて、圧力を受けていることが何よりも安心なのです。それには理由があります。

 

幼児のけんかに親が出るなーといわれてきたのは

ある時、頻繁に「転んだ」と言って絆創膏を貼っている子がいて、おかしいなと思って話を聞いてみると、やっぱり悩みを抱えていたということがありました。免疫力が落ちたり、注意力が散漫になったりするのは、生き物としての危険信号です。大きな怪我や病気につながる前に、何か悩みを抱えていないか、最近の生活はどうか、少し注意深く見てあげてくださいばんそうこうリズムの乱れに要注意いろいろなサインのなかでも、特に気をつけているのが「目」です。目つきが悪くなるのはただの反抗期なので、ぼくはあまり気にしません。ただ、目から生気が抜けたら危険です。

子どもですが

ある子が夏休みに入ったとたん、目に生気がなくなったことがありました。うしたのかと思ったら、生活リズムの乱れが原因でした。けっこう元気な子だったのでど夏休みに入り、夜遅くまで起きて翌日は昼近くまで寝ている。んどん生活や食事のリズムが乱れていったのです。それはもう、然、何も手につかないでしょう。

カテゴリー: しつけ, イクメン タグ: , , パーマリンク