幼児の行動は

子育ての要です

90点以上取れた場合にはあえて与えないのは、その得点はある意味ステータスであり、自尊心はお金には換え難いものだ。自尊心を満たすことになるからだ。どうしても、小遣いが欲しいなら、自分で得点を加減して見ろと言っている。自尊心とお金とどちらをとるかは自分で決めれば良い。どうしても、一時的にお金がいることもあるだろう。

子どもは自分の肌で感じますこれは五感からの刺激ですね


子どもの話をちゃんと聴き

>幼児がおじゃまするときにはちなみに高校合格の祝いは、切やらなかった。それは自分が希望して親に行かせてもらったものでしかないからだ。そんなことに褒美をやる言われはない。文句があるなら代わりに退学届けを渡してやると言ってやったが、感謝されるだけだった。さらには、宿題をしなかったり、やるべきことをしなかったりすれば家にはいられなくなり、学校にも行かせないと言うことになっている。


子どもに備わっているのです

子どもたちだって放っておいてもそのうち取っ組み合い自体は勝手にやめるのだろうと思うのですが人間の

そしていっぱい遊んだ幼児ほどそれに対して、親は言葉を足しながら、子どもの言わんとしていることを明確にしていくのだ。そうすることで、子どもは語彙や表現力を磨くことができる。そして、自分の考えをきちんと言葉にすることで、自分の考えの論理性を確認することができる。さらには、考えが整理されることで、そこから更に考えを深めていくこともできる。人は自分の考えていることを言葉にしなければ、それを整理することはできない。子どもたちがそのために、一人でただ考えているだけだと、自分の考えがどれだけいい加減で、言葉にして、きちんと自分が今、どこまで深く考え理解しているかを知ることで、論理性のない気分的なものなのかも知ることができない。更に深く知りたい、深く考えてみたいと思うようになる。ただし、その人の知的体力(脳の体力?)によって、その深さは個人差がある。その体力は筋トレと同じで、繰り返し行い、負荷を掛ければ掛けるほど鍛えられる。それは大人になってもできることだが、とても辛いことだ。


幼児にとって良い段階

連れ去られた事を聞いた時、その猫に申し訳ない気持ちで、杯でした。野良猫を慣れさせる事を止めました。これが模倣による習得で、言葉を持たない動物達の学習なのです。人間が他の動物と一線を画すのは「利他行動」であり、利他行動は社会性の基礎になっています。利他行動の基礎は「親からされて心地よい」と思った事を、親に返す事とされています。

幼児の遊びと相通ずるのです

育児ができる環境づくりその延長に「親と同じ事をして喜びを感じる」と言う事があるのです。これを学ぶ為には、愛着と言うベースが無ければ心地良さや、喜びすら感じませんので習得出来ません。また、愛着が不完全であれば、学び取る事も不完全になってしまうのです。子供は2~3歳頃になると、家事の真似事など親の模倣をし、一緒に家事をしたり家業を手伝ったりしながら、親と共に行動する事によって信頼関係を深めて、共同作業に喜びを覚えて行く時期に入ります。子供は共同作業の中で「任す」「任される」と言う協力関係や信頼関係を学び、協力は一方通行ではなく、自分からも協力を求める事が出来る事を知るのです。

カテゴリー: コーチング, スクール タグ: , , パーマリンク