コミュニケーションることが多いので自発性を

育ての観点からは一石二鳥です

例えば、あなたが大きな不安を抱えている時、仕事が手に付きますか?難しいですよね。不安が生まれた時、人は何をおいてもその不安を払拭する事を最優先とします。今、真っ先にやらなければならない事が生じた時、私たちは集中して何かに取り組むことができなくなります。当然、自分の能力を高めることなどできなくなってしまうのですね。子どもたちはそれぞれ、沢山の能力の種を持って生まれてきています。

  • むしろ大成功の脳育て
  • 幼児が順番を守らないようなことをしたら
  • 子どもの心はぐんと成長します

幼児の将来の姿をイメージしたそして安心できる状態にないとしたら、せっかくの種は育たないんですね。せっかくもって生まれた力があるのに、その力を高める事ができなくなってしまうのです。違う言い方をすると子どもたちが安心できる環境を整えることで、子どもたちの能力はさらに高まる、と言えるんですね。この「子どもたちが安心できる環境を整える事」を私は「包む」と呼び、「認める」「褒める」の次に位置して、この3つを特にこの「包む」(安心できる環境を整える)が必要な時期があります。育ての大事な柱としているのですそれは、生まれてから3歳くらいまでの「乳幼児」という時期です。

 

コミュニケーションの手助けをした方が

ある程度、意地を張ってがんばあんまり意地を張りすぎると周りを嫌な気持ちにさせちゃったり、結局自分も嫌な気恷耿的に学ぼうとしているのです。りになっちゃったりするということを、「がんこ」の損益分岐点の見極めがうまい人は、決して譲れないところでは譲りませんが、譲ってもいいかと思えるところではすんなり譲ることができます。そういう人はただの「がんこ者」ではなく、「軸がブレない人」と言われ、賞賛されます「がんこ」さはそのための訓練です。満足すれば威張らなくてすむようになる男の子は自分を大きく見せたり、自慢したりするのが大好き多かれ少なかれ、誰もが通る道なので、「うちの子どうして?」なんて心配は不要です。放っておいてもそういう時期はきっといつか卒楽するのですが、もし、少しでも早くそういう時期を卒楽させてあげたいと思親のすべきことは、気持ちを受け取り、「OOvんはすご「さすが!0くん」満足させてあげるこ簡単に言うとおだてるってことに近いですかね(笑)。
子どもを選んだり
子どもに話したそうですところが
よくお年寄りが満面の笑みで「ボクは小さいのに偉いね」「ボクはきっと将来大物になるよ」何の根拠もなく子どもをべた褒めしてくれることがあるじゃないですか。あんな感じでいいんです。周りの大人に共感れ、賞賛され、満足が得られると、子どもは自信を身につけます。自信が身につけばもう自分を大きく見せる必要を感じなくなります「このままじゃろくな大人にならない」なんて思って、「調子に乗るんじゃないわよ!」よ」なんて、わざと子どもを否定してたしなめようとするのは逆効果「あなたなんて大したことないのますます自分を大きく見せたり、自慢したりしないと気が済まなくなってしまいます幼時期に、周りの大人から十分な共感が得られず、自分を大きく見せたいという欲求が満たされないと、いつまでも自信が身他人との人間関係の築き方も不安定になりやすいといわれています年上と遊べば協調性が身につく男の子に限らず、子どもはみんな自己チューです。もし3歳くらいで自己チューでない子がいたとしたら、それは異星から来たエイリアンか、何かの霊が憑依しているとしか考えられませんそれくらいまでの子どもの心の中には、うにするがルールです。という概念はそもそもありません。しかありません。

 

幼児も実は

いつまでもぐずったり、喚いたり、そして暴れたり..子どもからすると「一旦はムリと言ったお母さんも、こうすれば気が変わるのではないか?自分の思い通りになるのではないか?」といろんなやり方を試します。そうなるか?というと、子どもは今まで、そうやって自分の願いを叶えてきたからです。赤ちゃんの時、子どもは泣いてお母さんに「お腹が減った」と伝えました。おしっこやウンチの時もそうでした。「おしっこでちゃったよ、ウンチがでちゃったよ、気持ち悪いよ!」それを伝えるのも泣く事でした。

いくつものパターンが存在しているのですただ幼児と

自分が泣く事で、お母さんがすぐに来てくれて、お腹を満たしてくれたり、オムツを変えてくれました。過去にこのような成功体験があるから、それと同じように自分の願いを叶える為、ぐずぐずといっまでもすねていたり、大声で泣いてアピールしたり、それが聞き入れてもらえないとさらに大声で泣いたり、暴れたりして訴えるのお母さんからすると、赤ちゃんの時にはまだ我慢ができるとしても、年齢が上がりこちらの言っている事が分かるはずなのに、ぐずぐずとすねたり、大声をあげて泣き叫ぶその姿にうんざりしてしまいます。「いい加減にしなさい!」と怒って突っぱねたり、分かった分かったとその要求を聞き入れて、子どものぐずりや癇癪を終わらせようとしてしまいます。ぐずりや癇癪は無い方がいいですね。でもこれも子どもの成長には「無〈てはならない」ものなんです。

カテゴリー: イクメン, スクール タグ: , , パーマリンク